NHKスペシャル「〜発見!長寿遺伝子〜」の内容紹介

テレビ

NHKが2011年6月12日に放送したNHKスペシャル「あなたの寿命は延ばせる〜発見!長寿遺伝子〜」を見ました。

簡単に番組の内容を簡単に紹介しましょう。
あらゆる生物には「サーチュイン遺伝子」と呼ばれる寿命を延ばす遺伝子がありますが、通常の状態ではこの長寿遺伝子のスイッチが入っていない状態です。

サーチュイン遺伝子のスイッチが入ると生物の寿命が15〜20%伸びることが確認されました。

長寿遺伝子のスイッチを入れる方法の一つが飢餓状態に入ることです
番組で紹介されたのは長年赤毛サルを二つのグループに分けて飼育し、一つのグループは通常の食事を与え、もう一方は通常よりカロリーを30%少なくした食事を与え、二つのグループで赤毛サルの健康状態を比較研究している米国の大学です。

飼育されたサルは人間に置き換えると70代程度の年齢になります。
通常の食事を与えたグループのサルは 白髪が目立ったり毛が抜け落ち、肌に深いシワが出来るなど人間の老化と同じような体調の変化が見られました。
一方、カロリー制限されたグループのサルはフサフサした体毛に覆われ、皮膚も若いサルとあまり変わりありませんでした。

さらに注目したのは通常の食事を与えたグループのサルは糖尿病やガンなど人間と同じような病気で半数程度が死亡したのに、カロリー制限をしたグループのサルは75%以上が病気もなく元気で生存していたのです。


これら二つのグループの遺伝子を詳しく調べると、カロリー制限されたグループのサルはサーチュイン遺伝子が活性化されていたことがわかったのです

長寿遺伝子と呼ばれる「サーチュイン遺伝子」が活性化されると
肌、血管、脳などあらゆる臓器が若く保たれ、寿命を延ばす働きがあるようです。


夢のような長寿遺伝子ですが、これを活性化させる飢餓状態になるのは現代人にとってはかなりの努力と手間が掛かります。

その理由の一つは
人によってどれくらい摂取カロリーを減らせば「サーチュイン遺伝子」が活性化するのかわからないこと。
もう一つは
カロリー制限はしても、人間が健康に暮らすために必要な栄養素は不足しないような食事を取る必要があること。
さらに
食事制限が成功し「サーチュイン遺伝子」が活性化しても、カロリー制限をやめると活性化もなくなってしまうこと。


つまり、食事制限で長寿遺伝子を働かせ続けることは、相当な努力が必要なのです


ところが、最近の研究でわかってきたのは無理な食事制限をしなくても
長寿遺伝子である「サーチュイン遺伝子」を活性化させる方法が見つかったのです。

それが、レスベラトロールというポリフェノールを摂取するだけというのです。

レスベラトロールはブドウなどから抽出されたポリフェノールで、
赤ワインをたくさん飲むフランス人が健康で長生きな<フレンチパラドックス>の理由の一つかも知れません。

>>レスベラトロール サプリの使用感はこちらから

レスベラトロール サプリメントは安心な日本製を

NHKスペシャル「あなたの寿命は延ばせる〜発見!長寿遺伝子〜」でも紹介されたのですが
アメリカでは既にレスベラトロールを配合したサプリメントがたくさん発売されています。

米国製のレスベラトロール・サプリは千差万別でかなり低価格なものもあります。

実は低価格なレスベラトロール製品は日本では禁止されているイタドリを原料に作られているのです

日本ではこのような製品は販売されていませんが、
個人輸入などでは入手できるので購入するときは注意が必要です。


レスベラトロールが長寿遺伝子「サーチュイン遺伝子」を活性化させる実験は
ブドウから抽出されたレスベラトロールが使われているので、
健康のために飲むならブドウ由来物質を原料にしたサプリメントを選びましょう。

≫日本製のハイブリッドレスベラT通販サイトはこちら